2016年08月29日

第44回仙台市三師会親善野球大会

>日時:平成28年8月28日(日) 10時15分
会場;ベルサンピアみやぎ泉 B
懇親会;18時 仙台国際ホテル

今にも雨が降ってきそうな曇り空。
少し肌寒さを感じる天候のもとで試合は行われた。

DSC_2929.JPGDSC_2933.JPG

<第1試合> 歯科医師会 対 薬剤師会

       1 2 3 4 5 計
薬剤師会   2 0 2 0 0 4

歯科医師会  0 0 2 0 3× 5

         及川ー宮内

初回、先頭打者は内野安打で出塁。
2盗、3盗を決めあっという間に無死3塁。
2番打者の犠牲フライで薬剤師会が先制した。
3番打者もレフト前ヒットで出て、2死四球で1死満塁。
ワイルドピッチで2点目が入った。
なおも1死2、3塁。
次の打者はセンターフライ。
ここで、3塁ランナーはタッチアップからスタート。
センター小川が本塁へ好返球!タッチアウト!
ダブルプレーでピンチを救った。
2回表にも、センターライナーを小川がスライディングキャッチ!
堅い守りでチャンスを与えなかった。
3回表、1死後、ヒットで出たランナーが盗塁を試みるが
捕手の宮内が見事に差しアウト!
2死までいったが、四球のランナーを出し、その後
ライト線に3塁打を打たれ1点。
ワイルドピッチもあり、この回2点。
4対0となった。
宮歯は、3回裏、及川がヒット。
1死後、死球と宮内のヒットで満塁。
ここで西村、小川にタイムリーヒットがでて2点を返した。
4回裏、昌一の2塁打と渋井の内野安打で無死1、3塁のチャンス。
しかし、後続が打ち取られ得点を奪えない。
そして、最終回。2点を追いかけ、先頭の小牧が相手エラーで出塁。
西村が四球で無死1、2塁。
晃の3塁ゴロで1死、2、3塁としここで小川が右中間を深々と破る3塁打。
同点に追いついた。
あとは、4番の郷家に託す。
2ストライクと追い込まれながらも左中間にはじき返し、サヨナラ勝ち。
劣勢をはね返す見事な粘りだった。

<第3試合> 歯科医師会 対 医師会

       1 2 3 4  計
医師会    2 3 1 3  9

歯科医師会  0 0 0 0  0

        小牧、西村ー宮内

第2試合は医師会が勝利したため、これが決勝戦。
1回表、2四球で1死1、2塁。4番安藤をサードゴロに打ち取り2死1、2塁
次の打者は四球で満塁。
ここで、ワイルドピッチとショートエラーで2点を先制された。
2回表、1死3塁からサードゴロエラーで1点。
2死後、四球、盗塁でで2、3塁とし安藤のセンター前ヒットで2点。
3回表は、1死後、ファーストエラーで出したランナーをピッチャーエラーで1点。
4回表は、3連続四球で無死満塁。
1死後、ピッチャーフライをとれず1点。
その後も無安打で2点を加え合計9点となった。
医師会の安打は、わずかに1本。
しかし、8四死球と8エラーが9点につながった。
一方の歯科医師会。
初回、小川があわやホームランという大3塁打を打つ。
四球、盗塁で2死2、3塁のチャンス。
ここで後続が打ち取られ得点奪えず。
9点をおう4回裏、小川が四球で出塁。
代打加藤がヒットでつなぎ粘りをみせたが、後続が抑えられ試合終了。
宮歯は2安打3四球。
安藤は77球の完投勝利だった。

優勝は医師会。
残念ながら歯科医師会は優勝に届かなかった。

DSC_2936.JPG

DSC_3013.JPG



posted by 及キャン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年・試合結果

2016年08月01日

国保連合会との親善試合

日時;平成28年7月31日(日)  11時30分
場所;ベルサンピアみやぎ泉 Bグラウンド
天候;晴れ  31度


梅雨明けの夏休み。
周りは、プール目当ての家族連れでいっぱい。
真夏の青空のもと、国保連合会とのあつい戦いが行われた。

   1 2 3 4 5 6 7 計
国保 2 0 0 0 0 2 0 4

宮歯 0 0 0 0 1 0 0 1

     及川、小牧、西村ー宮内

1回表、先頭の郷野に9球粘られレフト前にヒットをうたれた。
その後、2死1塁で4番村井。2球目を完璧に打たれホームラン!
2点先制された。
1回裏、宮歯は2死1塁からこちらも4番郷家がライト線に2塁打。
渋井が四球で満塁のチャンス。
ここで及川がたおれ、得点を奪えなかった。
3回表、2死1、2塁で再び村井を迎えピンチ。
しかし、ここはショートフライにおさえ、ピンチをきりぬけた。
5回裏、宮歯は1死後、西村が内野安打で出塁、相手エラーもあり、1死2、3塁のチャンス。
3番昌一のあたりは、左中間へ。
しかし、レフトがナイスキャッチ。
この間に、西村がタッチアップ。ようやく1点を返した。
6回表は、2死後エラーでランナーを出し、早坂にライトオーバーの3塁打をうたれた。
中継のミスもあり、2者がかえり、4点目。
最終回の宮歯は、長谷、黒田、関の代打攻勢であったが、関の内野安打1本のみ。
4対1で国保連合会に敗れた。

懇親会は、場所を亜門に移し行われた。
敢闘賞は、2塁打の郷家。唯一の得点の西村。国保戦初出場の内田。
この3名が選出された。
皆、美酒に酔いしれ懇親をより一層深めたのは言うまでもない。

IMG_0998.JPG

posted by 及キャン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年・試合結果