2017年09月04日

第66回東北地区歯科医師親善野球大会

「宮城 対 岩手」

   1 2 3 4 5 計
宮城 1 0 0 0   1

岩手 3 0 2 14  19

    及川、小川ー宮内


1回表、西村が四球で出塁後、盗塁。
晃の内野ゴロの間に3塁へ進み、
小川がライト前にタイムリーヒットで先制。
その後、小川が盗塁死。郷家も凡退して1点のみ。
2回表、2死から木村が振り逃げで出塁。
牽制悪送球で2塁迄進むが得点奪えず0点。
3回表、2死から晃がヒットで出塁。
小川は痛烈なショートライナー。無得点。
4回表、1死後渋井四球、及川ヒットで1、2塁。
ここで、照井のうまい牽制に2塁ランナータッチアウト。無得点。
宮歯は、照井の前に3安打2四球1得点だった。
一方の岩手の攻撃は、
1回裏、エラー、四球で無死2、3塁から遠藤が2塁打で2点。
照井の内野ゴロの間に1点追加、3点を取る。
3回裏は、ランナー1人おいて照井がレフトにホームラン。2点。
4回裏は、内野安打、四球、3連打、2連続四球、エラー、四球、3連打、
2連続四球、2死後、更に3連続四球で時間切れ。14点。
この回、センター小川が好送球でランナーをアウトにする場面があった。
10安打14四死球3エラーでの大敗だった。

  「宮城 対 秋田」

   1 2 3 4 5  計
秋田 0 0 1 1 4  6

宮城 0 5 3 2 ×  10

     小牧ー昌一

2回裏、1死後、昌一ヒット、渋井2塁打等で満塁。
及川がセンター前ヒットで先制。三浦がエラーで出塁後、
小牧の犠牲フライで1点。及川と三浦の重盗後、西村が3塁打。
合計5点をとった。
3回裏は、小川と三浦が2塁打。更に2四球とエラーで3点を追加。
4回裏は、西村が2塁打。進塁後、相手エラーで1点。渋井もレフトにタイムラーヒットで
2点を加えた。
秋田は、小牧の変化球に上手くタイミングが合わない。
3回表は、四球のランナーをワイルドピッチでかえし1点。
4回表は、投手前の小飛球を飛び込んだがとれず、その走者を犠牲フライで返され1点。
5回表は、最終回。簡単に2死をとるが、四球、ヒット、エラーの後、
2番打者にライトへの本塁打を打たれ計4点。
その後、四球、安打で1、2塁とされるが、最後の打者をピッチャーゴロにうちとり
試合終了。
小牧は、5安打4四球で完投勝利!

<宮城県の表彰者>
美技賞 小川匡仁
打撃賞 西村英紀
優秀選手賞 小牧健一朗

IMG_1656.JPG


今年の決勝は、岩手と青森。
岩手が優勝しました。
  



posted by 及キャン at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果