2014年09月08日

第63回東北地区歯科医師親善野球大会

日時;平成26年9月7日(日) 9時
場所;青森市スポーツ広場野球場

<第1試合>

   1 2 3 4 5 計

宮城 0 0 0 0 0 0

岩手 1 1 2 3 0 7

    及川ー宮内
DSC00454.JPG

1回裏、四球から2死3塁。
4番照井がセンター前にタイムリーヒットで岩手先制。
2回裏、2四球と安打で無死満塁。
ここでセカンドゴロを加藤が本塁封殺。ナイスプレー。
次打者を押し出しで1点。
しかし、後続は抑えた。
3回裏、1死後2四死球から2、3塁のピンチ。
ここでライトへの犠牲フライとタイムリーヒットで2点追加。
4回裏は、2四球で無死1、2塁。
ここから2安打され3点。合計7点とられた。
宮城は、岩手先発の照井の投球に手こずり、
唯一のチャンスは、5回表、安打と四球で1死1、2塁。
しかし、後続たたれ無得点だった。
宮城は、岩手に対して被安打7、8四球と四球のランナーを効率よく安打で
返されたという試合だった。




<第2試合>

   1 2 3 4  計

青森 1 6 6 0  13
 
宮城 0 0 0 1  1

    西村、及川、西村、関ー宮内

DSC00439.JPG

2回裏、昌一と土岐の安打で2死1、3塁のチャンスも後続立たれ無得点。
3回裏、宮内の安打と四球で無死1、2塁。しかし、三振と併殺打で無得点。
4回裏、1死後代打黒田がセンター前ヒットで出塁。
DSC00471.JPG

2死後、3連続四球で押し出し。ようやく1点を取った。
青森は、6安打12四球で13得点だった。
最後は、関も何年ぶりかでマウンドに立ち、
DSC00460.JPG

打者12人に対して、2安打3四球4失点の内容だった。
宮歯は、4安打4四球も押し出しによる1点のみだった。

 打撃賞 土岐孝雄
     美技賞 清水功之
     敢闘賞 関直和




DSC00475.JPG





posted by 及キャン at 19:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 2014年・試合結果
この記事へのコメント
いつも読ませていただいてます。

宮歯野球部の皆さんお疲れさまでした。
お世話いただいた、青森県の皆様ありがとうございました。

勝負は時の運。
今年は残念な結果に終わりましたが、各県よくまとまっていて、どこが優勝してもおかしくない大会でしたね。

宮城には、東和観光の美人ガイドTさんの強力な応援がありましたが、勝利の女神までは味方してくれませんでした。
(運転手のCさんもありがとうございました。)

開催日の急な変更など、準備、運営にご苦労された青森県さんに野球の神様がご褒美をくれたのかなあ〜。

失礼しました。
ショートのK先生はじめ新人とベテランとが一体となって実力を発揮しての優勝おめでとうございます。

岩手県、青森県のみなさん、全国大会頑張ってきてください。

宮城の皆さん来年は、優勝じゃないと「ダメヨ、ダメ、ダメ。」
Posted by まだまだセブティーン at 2014年09月09日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103379819

この記事へのトラックバック