2015年09月14日

医療リーグ第4、5戦

日時;平成27年9月13日 8時30分
場所;大郷球場

<第4戦>

        1 2 3 4 5 計

宮 歯     5 0 0 1 4 10

大崎市民病院  0 1 0 3 0  4

        及川ー昌一

1回表、宮歯の攻撃。
なんと先頭から6連続四球。
ワイルドピッチもありノーヒットで5点先制。
強豪相手にありがたいボーナス。

先発、及川は2回裏2安打で1点返され、
なおも1死1塁と攻められたが、併殺で切り抜けた。

4回表、宮歯は西村が四球で出塁。
4番郷家の宮歯初ヒットで西村がかえり1点追加。
郷家は2塁打をねらうもタッチアウト。
その後、2四球と続いただけに残念なプレーだった。

4回裏、1安打ながらも2四球2失策で3点かえされ、6−4。

5回表、宮歯はまず及川がレフト前ヒット。清水死球。
1.jpg

1死後、西村のあたりはライトへ!
ホームランかと思われたが数センチ足りず、フェンス直撃の2塁打。
郷家、笹木も2塁打で続き4点を追加。10−4。
最終回の大崎の攻撃を0点におさえ、勝利した。

宮歯は、5安打だったが17四球。
これでは野球にならない。
宮歯の完勝だった。

<第5戦>
        1 2 3 4 5 計

宮 歯     0 0 1 0 5 6

JCHO 仙台HP 1 1 1 0 0 3

     及川、西村ー郷家、西村、関

1回裏、1死後四球、盗塁、安打で1点先制された。
2回裏、2安打で2点目をとられた。

3回2死迄一人も走者を出していなかったが、
連続四死球で1、2塁。ここで助っ人佐藤が2塁打で1点をかえした。

3回裏から西村にスイッチ。
先頭を三振振り逃げで出塁させたが、牽制でうまく誘い出しアウト。
しかし、その後失策、四球で1、2塁。
三振で2死としたが、この後連続四球で押し出し。1−3となった。

5回表、途中から捕手の関がレフトへヒット。
1死後、佐藤もヒットで1、3塁。郷家死球で満塁。
ここで渋井がレフト前ヒット。笹木も2塁打で続きこの回5点。
6−3と逆転した。

最終回、先頭に2塁打をうたれ、2死3塁と攻められたが、
最後の打者をセカンドライナー(加藤のジャンピングキャッチのファインプレー)でしとめ
ゲームセット。

西村は、3回を2安打3四球5三振とナイスピッチング。
見事な逆転勝ちであった。

これで、医療リーグは5戦。3勝1分け1中止(勝ち点 11)。
決勝トーナメント進出がぐっと近づいた。2.jpg



posted by 及キャン at 13:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 2015年・試合結果
この記事へのコメント
連勝おめでとうございます。
しかもあの大崎市民から大量点。
目指せ、全国大会!
Posted by まだまだ at 2015年09月15日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163573021

この記事へのトラックバック