2017年06月19日

山形、岩手、宮城による交流戦

日時;平成29年6月18日(日)9時
場所;ベルサンピアみやぎ泉B

<第1試合> 宮城 対 岩手
    1 2 3 4 5 計
岩手  0 0 1 6 0 7

宮城  0 0 0 2 4 6

       及川ー木村

対岩手.jpg

1回表、1番遠藤がいきなり2塁打で出塁。
その後、3つのフライでピンチを切り抜けた。
2回表、1死2、3塁から四球をあたえ満塁のピンチ。
ここは、ショートフライとピチャーゴロで0点。
3回表、1番遠藤にまた2塁打を打たれ、1死後、
サードゴロで送球の間に2塁から一気にホームインされ1点先制された。
宮城は、岩手先発の照井の前に3回を抑えられた。
4回表、5安打1四球1エラーで6点を奪われた。
4回裏、投手が代わる。制球定まらず、4連続四球で1点。その後、内野ゴロの間に
1点を追加し7対2とした。
5回裏、やはり6四球とタイムリーヒットで4点を返す。しかし、あと1本が出ず1点差で敗退。
宮城は、散発2安打に抑えられた。
この試合、清水は出塁率10割であった。



<第2試合> 山形 対 岩手

    1 2 3 4 5 6 計
山形  0 0 0 1 0 5 6

岩手  0 1 0 3 0 0 4

岩手対山形.jpg

<第3試合> 山形 対 宮城

    1 2 3 4 5 計
山形  0 1 0 0 4 5

宮城  1 0 1 0 4 6

       及川ー木村

IMG_1348.JPG

1回裏、清水がエラーで出塁。
木村が投前バント。内野安打とエラーで無死2、3塁のチャンス。
その後、2死満塁で三浦が死球。1点先制。
2回表、2連打で無死1、2塁。その後1死2、3塁でサードゴロエラーで同点とされる。
なおも2、3塁のピンチは後続を打ち取り1点のみで切り抜けた。
3回裏、木村がヒットで出塁。盗塁と相手エラーで本塁生還。
足で稼いだ得点だった。
その後、郷家、三浦のヒットと四球で2死満塁迄攻めたが相手の新田に抑えられた。
5回表、1死2、3塁で橋に2点タイムリー。
さらに松岡に本塁打を打たれ合計4点。
5回裏、杉山、三浦連打後、土岐がライトへ技ありの2塁打。
長谷もヒット。1死後、黒田もヒット。2死後、木村、渋井もヒット。
この回、7安打で4点取り逆転勝ち。
今期初勝利となった。
この試合、木村は4打数4安打の大当たりだった。

posted by 及キャン at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180088563

この記事へのトラックバック