2017年07月03日

医療リーグ〜予選

    1 2 3 4  計
みやぎ県南中核  1 0 0 0  1

宮 歯      6 1 3 2× 12

        及川ー宮内

1回表、2死後3塁打とワイルドピッチで1点先制された。
1回裏、1死後、木村、郷家、氏家、三浦、加藤と5本のヒットと
3四球、1エラーで6点を奪い逆転!見事な攻撃だった。
2回から4回迄の宮歯は、ヒットはでなかったものの、
相手投手の制球難から10個の四死球とエラーで得点を重ね合計12点。
コールド勝ちとなった。
及川は、3安打1四球5三振で69球の完投勝ち。

<第3試合>

            1 2 3 4 5 6 7  計
仙台東脳神経外科病院  0 0 0 0 0 3 3  6

宮 歯         0 2 0 0 1 0 0  3

        及川ー宮内

気温が30度を超える中、約2時間あけて2試合目。
1回裏、清水四球、木村がバントで内野安打、渋井四球で無死満塁。
ここから、郷家、氏家、及川が凡退。なんと0点。
2回裏、三浦がライトに2塁打。2死後、清水がレフトオーバーのタイムリー2塁打、
木村もレフトにタイムリーヒット。きれいに2点先制した。
3回裏、2死1、2塁とするが得点奪えず。
5回裏、四球と郷家のヒットで無死1、3塁。
ここで氏家がセンター右へ痛烈なあたり。センターが好捕。
3塁ランナーは犠牲フライとなり生還。ファーストランナーは、
センターの強肩の前に帰塁できずダブルプレー。
1点だけに終わった。
6回から相手投手が代わり、四球でチャンスも作ったが
2回で6三振。超高速球に力尽きた。
守備では、内田がセカンドライナーを好捕する場面もあった。
及川は、5回迄、5安打1四球と毎回の走者をだすが0点に抑えた。
6、7回は効果的にヒットをうたれ逆転負け。
接戦をものにできなかった。


posted by 及キャン at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180229707

この記事へのトラックバック