2013年12月28日

平成25年度 宮城県歯科医師会野球部納会

Sendai光のページェントで街が色めき立つ最中、平成25年12月21日(土)に仙台国際ホテルに於いて宮歯野球部納会が開催されました。
当日は年末のお忙しい中、また連休前にもかかわらず、顧問の向山先生、阿部先生、宮城県歯科医師会から細谷会長、岩渕、半澤両副会長、枝松専務、仙台歯科医師会から長田会長、佐藤勝副会長、そして国保組合から佐藤敏明副理事長が来賓として出席され、また、多くの部員も参加し盛大に行われました。
今年は初めて全国大会に参加した年度ということもあり、その余韻もあり、全国大会の話で盛り上がっていました。

RIMG0198.JPG

RIMG0216.JPG

RIMG0204.JPG


今回は東北歯連と全国大会の写真を及川先生と清水先生がそれぞれ音楽付きで編集され、それをスクリーンで流し、美味しいお酒を酌み交わしながら賞賛と反省を込め、今年一年をみんなで振り返りました。

RIMG0217.JPG

RIMG0219.JPG

最後に長谷先生から、来年は東北歯連の優勝だけに留まらず、全国大会の優勝旗を納会の舞台に飾ろう!と全員で一本締めを行い、本年の宮歯野球部納会も無事に閉会しました。

RIMG0222.JPG

野球部の皆様、今年も大変お世話になりました。
よい新年をお迎えください。

posted by 及キャン at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年11月25日

第二回全国歯科医師会野球大会

平成25年11月23日(土)
      仙台駅  6時36分出発
      開会式  9時30分
      第1試合 10時
      第2試合 11時50分
      第3試合 14時
      総  会 17時30分
      懇親会  19時


平成25年11月24日(日)
      準決勝  9時30分
      決 勝  11時30分
      閉会式  13時30分
<会 場>
開会式、試合、閉会式  都立大井ふ頭中央海浜公園野球場
懇親会         NEW PIER HALL CENTRAL TOKYO


さあ、いよいよ全国大会。
今回は全12チームの戦い。
北は北海道から、南は九州・沖縄まで200名を越える選手が
ここ東京の大井ふ頭に集結。


2日間で最高4試合の厳しい戦いが幕を開けた。
天候は雲ひとつない晴天。
これまで、一生懸命準備を重ねてきた役員、関係者のおかげだろう。
(感謝申し上げます)

DSC00166.JPG

DSC00168.JPG

DSC00171.JPG
(参議院議員の石井みどりさんによる始球式)

DSC00179.JPG
(同じく参議院議員の石井浩郎さんと石井みどりさん  野球ファンにはたまらないないですね〜)


予選リーグは、3チームずつの4パートに分かれて行う。
宮城県は、関東大会優勝の神奈川、そして岐阜との対戦となった。

<第1試合> 宮城県VS神奈川県

     1 2 3 4 5 6  計
宮 城  0 2 0 0 3 0  5

神奈川  0 1 0 5 0 2  8

    及川ー宮内
!cid_6A4369B1-4AA1-428C-BA01-2159BB03E914.jpg


1回表、バッティング好調の加藤が2塁打で出塁。
1死2塁の先制チャンスは、打線が繋がらず無得点。
1回裏、先頭打者がサードゴロエラーで出塁。
2番は、投前のボテボテゴロが内野安打。
3番を三振、4番四球で1死満塁のピンチ。
5番をサードフライ、6番をライトフライにおさえ、
なんとか無得点に切り抜けた。
2回表、郷家の2塁打で2死3塁。
及川がライト線上へのラッキーヒットで先制。
次の三浦が左中間に2塁打。及川が1塁から還り2点目。
2回裏、2死2、3塁からまた投前のボテボテゴロで1点をかえす。
4回裏は5安打2四球で5点とられ逆転された。
6対2の4点差。
5回表、2四死球1エラーで1死満塁のチャンス。
ここで、3番西村カウント2−2から三振。2死だ。
次は4番渋井。ライトの頭上をこす走者一掃の3塁打。
さあ、あと1点。
ここで、郷家は6球ねばったが惜しくも凡退。
届かなかった。
最終回にだめ押しの2点を追加され、時間切れ。
残念!

<第2試合>
神奈川と岐阜は、最終回に神奈川が追いつき2対2の引き分け。

<第3試合> 宮城県VS岐阜県

    1 2 3 4 5 6 7  計
宮城  6 0 0 0 0 0 0  6

岐阜  0 2 0 1 0 0 0  3

     及川ー宮内

第2試合の結果から、宮城の準決勝進出はなくなった。
しかし、今年最後の試合を勝利で終えようということで
選手の気持ちがはいる。

1回表、1死後、佐藤勝が3塁線を破るヒットで出塁。
ここから、4連続四死球とエラーで4点。
ここで8番の清水は、きれいに左中間を破り、さらに2点加えた。
初回の6点は大きい。
2回以降、宮歯はヒット0本。四球で何度かチャンスはあったが
あと1本がでず、0行進が続いた。
2回裏は、2本の2塁打とエラーで2点返される。
4回裏は、やはり2連続2塁打で1点。3点差まできた。
残り3回は、及川が岐阜を抑え、どうにか勝利した。
最終戦を勝利で飾れたことは大きい。
きっと、来年に繋がると思う。

!cid_E5ADA528-1EA4-41F4-9866-741CB79312CD.jpg



24日は、各パートの4チームが準決勝に挑んだ。
岩手と九州選抜が決勝に進んだ。
決勝は、1点を争う好ゲーム。
岩手が2点リードで迎えた最終回、2死から九州が追いつき延長へ。
その8回裏、サヨナラホームランが九州に飛び出し、劇的な幕切れ。
素晴らしい決勝戦だった。

IMG_0357.jpeg

               

posted by 及キャン at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年11月18日

清水功之君の結婚披露宴

 平成25年11月10日(日)に仙台国際ホテル4階にある広瀬の間において、清水功之君の結婚披露宴が行われました。


当日はお日柄もよく、たくさんの方々が参列され、盛大に行われました。
 金屏風の前でお出迎えをした新郎新婦は幾何の緊張の面持ちでしたが、参列者と挨拶を交わしていくと次第に笑顔が多くなり、俯いていた新婦が段々と笑顔になっていく姿は印象的でした。

IMG_0286.jpeg

 来賓祝辞では新郎と新婦の幼少時代のことから現在のことまでのお話があり、改めてお二人の人柄の良さを再認識しました。
ウエディングケーキ入刀の後にはお互いへのファーストバイトがありましたが、新郎新婦がお互いを思いやっているような姿を垣間見ることができ、参列した方々も和やかな雰囲気に包まれました。キャンドルサービスで各テーブルを回ると、人気者のお二人はたくさんの方々から声を掛けられていました。

IMG_0332.jpeg

終始、和やかで、幸せな空気に包まれていた会場は時間とともに閉会の時間を迎えてしまいました。

IMG_0316.jpeg



披露宴だけでは話足りない出席者は二次会の会場に場所を変え、お二人の到着を待っていました。会場には素敵なお二人を祝福するために、二次会からの参加者も含めて、100名近くの方が集まり、お店は貸し切りで座れない方もいらっしゃるほど、大盛況でした。お幸せな二人を見て、皆さんが幸せになれた、素晴らしい時間を共有することができました。
お幸せに!

CIMG1327.JPG
posted by 及キャン at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年10月21日

第21回 宮歯野球部ゴルフコンペ

日時:平成25年10月20日(日) 8時40分
場所:泉国際ゴルフ俱楽部
参加;13名

3.jpg

雨、雨、雨、朝から雨。
参加者からは、今日やるの?って言う声がちらほら。
企画した者にとっては、クローズじゃないからやるじぇじぇ!
だって、4月に予定していたコンペは、大雪のため
まさかのクローズで賞品をどうしようかって大変でしたから。
勿論、中止の連絡も!

今回、お久しぶりの出場となったのが細谷会長。
あれは3年前!(あったね〜こんな歌。あれは3年前〜〜〜  喝采!)
宮歯野球部のゴルフコンペに参加し、腰を痛めて以来の参加である。

細.jpg

そして、初出場だと思われる2人、
長田会長(仙台)、宮澤先生(国保理事)も参加。
ありがたや、ありがたや〜!

長田.jpg

さて今回は、洞口先生の3連覇なるかが注目された。

結果は?

平成22年12月の第17回大会以来の4度目の優勝をなしとげたのは
村上先生だった。

村上.jpg

ちなみに、前半9ホールを終えて、トップに立ったのが三浦先生(44)。
第2位は、佐藤勝先生、洞口先生、渋井先生(46)という展開でした。

最終結果は以下のとおり。
皆様、お疲れ様でした!


優勝  村上 正博
2位  長田 純一
3位  佐藤 勝

BG  洞口 守(46-44=90)

NP  佐藤勝、佐々木隆二、宮澤幸久、清水功之
DC  村上正博、洞口守






posted by 及キャン at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年10月14日

医療リーグ第7戦

日時;平成25年10月14日(日) 11時50分
場所;松陵公園野球場

          1 2 3 4 5  計

宮 歯       2 0 1 0 0  3

仙台オープン病院  4 1 0 4 1×  10


秋晴れの体育の日。
青空のもと試合は行われた。
初回、宮歯は相手投手の制球難から満塁。
西村がライト前にタイムリーヒット。
エラーもからみ2点先制。(よっしゃー!)

1回裏、1死後5連打で4点。あっさり逆転された。

2回表、長谷がセンター前にヒット。
及川もライト前に、しかし、ライトからセカンドに送球アウト。
1死1塁。この後、2者連続三振、追加点奪えず。

2回裏、2死から2連続2塁打で1点。
また、あっさりとられる。

3回表、3四死球で2死満塁のチャンス。
ここで、長谷が四球を選び1点追加。
後続たたれ5対3の2点差。

4回裏、3安打3エラーで4点追加され9対3。

5回裏も2死1塁からフェンス直撃の3塁打をうたれ
なんとコールド負け。

オープン病院は、投手が速球派。
宮歯は2安打10四球9三振。
いいんだか、悪いんだかよくわからない。

及川は10安打2四球5三振。
そのうち長打が7安打。
ほとんど完璧に(気持ちよく)打たれた。

これで医療リーグ予選終わりです。

7戦の結果は、3勝2敗2分。

皆様、お疲れさまでした!







posted by 及キャン at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年09月30日

第62回 東北地区歯科医師親善野球大会

日時;平成25年9月29日(日) 9時
場所;秋田市営八橋球場

<第1試合> 宮城 対 山形

    1 2 3 4 5  計

山形  0 0 0 4 0  4

宮城  0 0 0 0 0  0
  
     及川ー宮内  


やや風はあるものの、快晴のもと試合は行われた。
1試合目の相手は山形。

1回表、先発及川は7球で三者凡退。
2回表も、11球で三者凡退。
3回表は、2死まで抑えていたが9番深瀬に初ヒットを打たれた。
しかし、後続を断ち0点。この回も8球。
さて、4回表。この回、4点とられた。
まず、先頭打者はセカンドへ内野安打で出塁。
次は四球。盗塁をからめ無死2、3塁。
次はサードゴロ、これをはじき2点。
次は四球。無死1、2塁。
次は送りバントで1死2、3塁。
次はスクイズを試みるがバッターボックスを大きくはみ出し
反則にてアウト。2死2、3塁。
ここで2塁ランナーのリードが大きく
セカンドへ牽制する間に走者高橋はホームイン。3点目。
(2死だし、今考えれば余計だったかな)
ショートの晃はスパイクをうけ負傷。
次は四球。2死1、2塁。
次はサード後方のフライ。太陽の光がまぶしくポテンヒット。
1点追加。計4点取られた。
一方の宮歯の攻撃。
1回裏、失策と郷家のヒットで1死1、2塁。
2回裏、1死後加藤の2塁打で1死2塁。
4回裏、1死後代打快輔のヒット、加藤の2塁打で1死2、3塁。
この3回のチャンスを生かすことができず、山形深瀬に完封負け。

IMG_0266.jpeg

<第2試合> 宮城 対 秋田

    1 2 3 4 5  計

宮城  1 0 0 1 9  11

秋田  2 2 0 0 0  4

     駒井、及川ー宮内

1回表、1死2塁で快輔が3塁打。
ようやく6イニングス目で遠かったホームを踏んだ。
なおも1死3塁。後続絶たれ追加点奪えず。
1回裏、1死3塁からセカンドゴロ。
ホームは間に合わず同点。
2死1塁から、レフトの頭をこす2塁打で2点目。
その後2死満塁となるが、後続を断ち2点で切り抜けた。
2回裏、無死2、3塁からレフトにタイムリーヒットを打たれ2点。
その後、1死1塁は併殺打で切り抜けた。
4回表、3四球で1死満塁。
ここで及川がフルカウントから三遊間をやぶり1点を返す。
なおも、満塁のチャンスは秋田の小野投手に抑えられた。
そして、2対4で迎えた最終回。
2死1、2塁。
ここで代打加藤。今日は2本の安打を打ち絶好調。
ここでもセンターにはじきかえし2死満塁とチャンスをひろげた。
次の駒井はレフトにいい当たり。失策を誘い1点を返した。
次の及川はフルカウントから四球を選び同点。
次の宮内はサードゴロエラーを誘い逆転。
次の西村、昌一連続四球で2点追加。
次の快輔はライトの横を破り走者一掃、自身もホームに帰り計9点。
2死からつないだ素晴らしい攻撃だった。
5回裏は、2死満塁まで攻められるもどうにか0点で切り抜け
宮城県として久しぶりの勝利となった。

IMG_0268.jpeg


これで1勝1敗。
第3試合に山形が秋田に負ければ決勝に行けたのだが
3対2で山形が勝利し、山形が決勝へ進んだ。
優勝は福島県(会津)だった。

IMG_0269.jpeg

IMG_0272.jpeg
posted by 及キャン at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年09月02日

第1回 宮歯野球部VS宮城県歯科商工会 親善野球大会

日時:平成25年9月1日(日) 11時
場所:ベルサンピアみやぎ泉 Dグラウンド

     1 2 3 4 5 6  計

宮歯   1 0 4 1 3 3  12

商工会  5 5 0 0 0 0  10

    西村、駒井、及川ー宮内、駒井

9月というのに32度。
まるで真夏のような天候の下試合は行われた。

1回表、宮歯は2死2塁からこの日4番にはいった郷家が
スカットするようないい当たりのセンター前ヒットで1点先制。
3回表は、無死1、2塁でまたも郷家がヒット。満塁のチャンス。
ここで快輔は四球で1点。
その後、土岐がライトに技ありのヒット。
三浦もセンターにヒットを打ち計4点。
4回表は、2死から2四球と内野安打で1点。
5回表は、1死から宮内が2塁打、及川と駒井がヒットで続き計3点。
これで、ようやく商工会に9対10の1点差とせまった。
そして、最終回の攻撃を迎えた。
さあ、強力代打陣の登場だ!
まずは、代打加藤がライト頭上をこす3塁打で口火をきる。
次は代打佐藤勝が2塁打。これで同点。
次は代打浅沼がクリーンヒット。これで逆転、なんと3連打。
1死2、3塁から代打長谷がヒットで1点追加。
次の代打関は、なんと3ボール1ストライクから空振りで3振。
まだ2ストライクだったのだが•••
次は代打黒田。セカンドゴロに倒れ2点差で6回裏の商工会の攻撃となった。
今の代打陣が皆守備についた。
宮内も代打で退いたので捕手は駒井。
1塁(長谷)、2塁(加藤)、3塁(関)、遊撃(佐藤勝)、左翼(昌一)
中堅(黒田)、右翼(浅沼)だったかな?間違っていたらご免なさい。
商工会は、代打松本歯科商会の社長。鋭い3塁ゴロ。
ちょっとファンブルしたが、足が早く1塁セーフ。
無死1塁。反撃かと思われたが、三上の社長を含め2三振、投ゴロで試合終了。

商工会は、1回打者1巡の攻撃で5点。2回は打者11人の攻撃で5点をとり
最大9点差をつけたが、その後メンバーが変わりそのリードを守れなかった。

歯科医師会としては、その得点差を少しずつつめて最終的に逆転勝利を飾ったのは
今後に繋がるかもしれない。

今回、商工会はこの試合の為にユニフォームを作り、3度練習してきたと聞いた。
今後も定期的に試合を行うこととし、これがいい親善になることは間違いないだろう。

及川最大のエラー;集合写真をとらなかったこと!(暑くて気が回らなかった!ご免なさい)



posted by 及キャン at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年08月26日

「第41回仙台市三師会親善野球大会」

日時;平成25年8月25日(日)10時30分
会場;ベルサンピアみやぎ泉A

DSC_5275.JPG

<第1試合> 仙薬対仙医 1対0で仙薬のサヨナラ勝ち

<第2試合> 仙歯対仙薬

   1 2 3 4 5 計

仙歯 0 2 0 0 0 2

仙薬 0 0 0 0 1 1

    及川ー宮内

1回表、2安打1失策で2死満塁のピンチ。
ここで打者をピッチャーフライに打ち取りピンチを切り抜けた。
2回裏、歯科医師会は、郷家、昌一の安打で2死1、2塁のチャンス。
打者及川の内野ゴロを送球ミスで一気に2者かえり、2点先制した。
その後、両チームともチャンスがなく、最終回を迎えた。
5回表の攻撃後、突然の雨にて、試合が5分中断した。
その後、雨が弱くなったのだが、グランド状態が悪く守る歯科医師会にとっては
不利な状況となった。
さて、5回裏の薬剤師会の攻撃は1番から。
先頭打者がレフト前ヒット。
次打者は三振。走者は盗塁で1死3塁になる。
次は3塁へ内野安打。1点を返された。
ここで、薬剤師会は代走を起用する。
盗塁で、1死2塁。
4番は三振で2死となった。
5番打者は、2球目をセンター前にクリーンヒット。
センター郷家がバックホームへ送球。
中継の及川からホームへ8−1−2のコンビネーションで走者を封殺。
歯科医師会はどうにか勝利した。

<第3試合> 仙歯対仙医

   1 2 3 4 5 計

仙歯 0 0 0 0 2 2

仙医 4 0 2 0 0 6

  西村、及川、駒井ー宮内

1回裏、医師会は1安打2死四球で1死満塁のチャンス。
ここで、5番山川が左中間に走者一掃の2塁打。
その後、盗塁し、内野ゴロの間にホームイン。
打者7人で4点を先制した。
2回裏は、3四球で再び1死満塁のチャンス。
ここで、5番板垣はサードゴロ。
渋井が落ち着いて本塁へ送球。アウト!
4番安藤もサードゴロに抑え得点を与えず。
3回裏は、2死3塁から安打、失策で2点を追加。
6対0となった。
歯科医師会は、3回まで医師会の先発安藤の前に加藤のヒット1本に
抑えられた。
4回表、2死から渋井の2塁打、郷家四球で2死1、2塁となったが
及川がたおれ、得点を奪えず。
最終回。宮歯は代打攻勢。
1、佐藤(勝) ショートゴロエラーで出塁
2、関     サードゴロ。送球エラーで1、2塁。
3、長谷    レフトにクリーンヒット。
        1塁走者が2塁でアウト。
4、黒田    ピッチャーフライ
これで、2死1、3塁。
2番駒井がライト前にタイムリーヒット。ようやく1点を返す。
続く西村もセンター前にタイムリーヒット、1点とるが
2者目はホームタッチアウト。試合終了。

これで、3師会が1勝1敗となったが、得失点差で医師会が優勝となった。

DSC_5324.JPG
posted by 及キャン at 08:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年08月05日

国保連合会との親善試合

日時;平成25年8月4日(日) 13時
場所;ベルサンピアみやぎ泉 Bグラウンド


   1 2 3 4 5 6 7 計

国保 0 0 2 0 0 1 0 3

宮歯 0 0 0 0 0 0 0 0

 及川(1〜3回)、西村(4〜7回)ー宮内


昨日、ようやく梅雨明け。
晴天の下、試合が行われた。

宮歯 5安打 5四死球 8失策
国保 5安打 2四死球 1失策

この数字が点差の要因。
8失策は、去年の東北大会の福島戦とタイ記録。

1回表、国保は四球、失策、安打で2死満塁と攻めるが
先制ならず。
その裏、2死から2四死球で1、2塁とチャンスになるが
こちらも先制ならず。
3回表、国保は失策で出たランナーをレフト前ヒットで返し先制。
その後、3連続失策でもう1点追加。
4回裏、宮歯は失策と昌一の安打で無死1、2塁のチャンス。
1死後、快輔ライトへ大飛球を打つが、相手のファインプレーで
得点奪えず。
5回裏、木村四球で出塁。
ここで、代打三浦。
初球。
木村がスチール。
三浦、打つ。ショートへ飛球。
ダブルプレー。
この後、西村2塁打。しかし、後続絶たれ無得点。
6回表、先頭の村井がセンターオーバー、フェンス直撃の2塁打!
次の打者は四球。
村井スチールで無死1、3塁。
ここで西村は、うまく1塁ランナーを牽制で引っ掛けるも
悪送球で1点追加された。
これで、3対0。
最終回の宮歯。
代打、勝。レフト前ヒット。
代打、関。6-4-3の併殺打。
代打、長谷。センター前ヒット。
代打、黒田。サードゴロ。
試合終了。
強力代打陣は、2安打して粘ったが万事休す。
完封負けだった。

この試合、西村は
4回18人に対し、4安打1四球3三振と粘りの投球が光った。

1016053_156661924524030_1038801130_n.jpg
posted by 及キャン at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年07月22日

山形県との親善試合

日時;平成25年7月21日(日) 9時40分
 場所;尾花沢市
    
    1 2 3 4 5 6 7 計
 宮城 2 0 0 1 0 3 0 6

 山形 1 0 0 0 0 7 ×  8

    及川、西村ー宮内

 
 恒例となった山形県との親善試合は、尾花沢市で行われた。
 宿泊組は、銀山温泉の銀山荘に泊まった。
 皆、口々に「すんごい、良かったっすよ!(私の後輩のまね)」と言っていた。
 うらやましい〜。

 さて、試合。
 1回表、先発新田から木村が四球で出塁。
 盗塁等で3塁迄進み、快輔がライトに犠牲フライで先制。
 西村は、1塁線を痛烈に破り2塁打。
 エラーで3塁迄進み、渋井がレフトに犠牲フライで2点目。

 1回裏、先発及川から新田が四球で出塁。
 高橋サードゴロを2塁に送球間に合わず、無死1、2塁。
 3番佐藤がレフト前にタイムリーヒットで1点返されて
 なおも無死1、2塁。
 深瀬はショートフライでようやく1死。
 次の松岡はレフトフライを打つが走者高橋はアウトカウントを間違え
 ダブルプレー。
 どうにか1点で切り抜けた。

 4回表、郷家が死球で出塁。
 盗塁と進塁打で1死3塁。
 ここでバッテリエラーで1点を加えた。
 この後、及川、宮内連続四球。
 1死1、2塁のチャンス。
 でも、及川は、3塁へ盗塁失敗。
 しかも、両足つってしまい退場!(しょうもない!反省)
 後続絶たれ1点どまりだった。

 という訳で2番手は西村。
 5回からの予定が及川に狂わされ調整不足は否めない。
 彼のすごいところは、ヒットを打たれないこと。
 4回、5回は計3四球も25球で無安打。
 
 その流れにのって、宮歯の反撃。
 5回から変わった深瀬を6回の表につかまえる。
 1死後、郷家四球のあと、加藤〜関〜宮内3連打!
 2死後2四球で打者1巡の攻撃で3点ゲット。
 セイフティリードかと思われた。

 が、6回裏。
 西村が制球を乱し、2安打6四球でギブアップ。
 投手は及川の早々のベンチINによりゼロ。
 なんと監督は、迷ったあげく快輔をマウンドへ。
 死球〜死球となったが、後の2人をどうにかおさえ、
 2点差で最終回を迎えた。

 先頭の土岐。1塁後方へ技ありのヒットで出塁。
 1死後、代打長谷。残念ながらサードゴロ。
 しかし、全力疾走により併殺を免れた。
 関は、センターへフライ。終わりかと誰もが思ったのだが
 高橋、まさかの落球。
 2死1、2塁。
 さあ、宮内。ホームランで逆転だ。
 次は監督が代打で出場を待ってバットを振っている。
 監督にまわしてくれ!
 4球ライト方向に鋭いファールで粘る。
 さあ、どうか。

 残念、試合終了!

 惜しくも敗れたが、本番じゃ負けないぞ!

 皆様、お疲れさまでした。

 
posted by 及キャン at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年07月15日

啓伸君、久仁美さんの結婚を祝う会

平成25年7月13日(土)にホテルメトロポリタン「ル・リアン」において、6月に入籍したばかりの三浦夫妻を祝福しようと宮歯野球部の有志23名が集い、「啓伸君、久仁美さんの結婚を祝う会」が盛大に開催されました。

RIMG0122.JPG

当日は結婚披露宴が10組、さらには西武ライオンズの選手達の宿舎にもなっており、ホテル内は非常に混雑していましたが、そんな予約が取りづらい中偶然にもキャンセルが出て、この会場を確保することが出来ました。これも偏に日頃の行いが良い幹事の及川先生のおかげではないでしょうか。

その及川先生の司会で会が始まり、盛大な拍手のなか新郎新婦の入場です。ここで新郎がひざまついて新婦へブーケを渡す「ブーケセレモニー」が行なわれました。実は本人たちを驚かせようとほとんど内容を伝えていなかったため、二人は緊張しながらも照れた様子で腕を組みながらの入場となりました。

その後もサプライズでウエディングケーキ入刀を行い、お互いケーキを食べさせる姿に会場は大きな笑いにつつまれ、またキャンドルサービスでは幸せそうなお二人の姿がとても印象的でした。

RIMG0119.JPG

RIMG0118.JPG

 また、三浦先生の中学時代の同級生だった、野球部でもお馴染みのアサヒプリテックの氏家さん、国保連合会の村井さんにそれぞれスピーチをしていただきました。

RIMG0117.JPG

後半には清水先生がはじめてのプレゼンにも関わらず、素晴らしいできばえだったご家族だけの結婚式の紹介と、杉山先生が作成した懐かしい写真を使ったスライドショーを楽しんだりと、終始賑やかな雰囲気の中、最後に参加者全員で記念撮影を行いました。

RIMG0120.JPG





短い準備期間ではありましたが、宮歯野球部の先生方とともに素敵なお二人を祝福することできて、そして幸せそうなお二人を見ていて、こちらも幸せな気持ちになれた、そんな楽しいひと時でした。
今回、お忙しい中ご出席していただきました先生方、本当にありがとうございました。

posted by 及キャン at 15:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年07月01日

医療リーグ第4戦

日時;平成25年6月30日(日) 11時50分
場所;将監公園野球場

         1 2 3 4 5 6 7 計

 宮歯      0 0 0 0 0 0 0 0

 大崎市民病院  1 1 0 1 0 0 ×  3


相手は、強豪大崎市民病院。
今日は、宮歯10名で戦う。
最初にデータを紹介しよう。
宮歯;2安打2四球1失策。
   先発及川は、6回3安打2四球3三振。72球。

6回迄の数字を比較すると、6回終了時どちらも打者23名で終わっている。
ぴたり同じ。
投球数は、及川(宮歯)72球。
     西田(大崎)82球。
被安打  及川 3
     西田 2
四死球  及川 2
     西田 2

しかし得点は、3対0。
何が違うのか?
得点された回は、すべて先頭打者が出塁していた。
その後盗塁やゴロで塁を進め、最後は内野ゴロで得点というパターン。
タイムリーヒットは0。
全てが、内野ゴロの得点であった。
6回は、先頭打者を2塁打で出した。
しかし、無得点。なぜ?
ライトフライ〜投手フライ〜セカンドフライ
すべてフライでランナーが進塁出来なかった。

では、宮歯は?
3度先頭打者を塁に出すが、
走者を送れず結局3塁を踏むことすらできなかった。

得点は善戦。内容は完敗であった。

992783_148340152022874_814915502_n.jpg
posted by 及キャン at 07:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年06月17日

医療リーグ第3戦

日時;平成25年6月16日(日) 8時30分
 場所;長命ヶ丘公園野球場

         1 2 3 4 5  計

 宮城厚生協会  2 1 0 4 0  7 

 宮歯      1 2 1 0 4×  8

       及川ー宮内


 さあ、今日は大変だ。ちょうど9人しかいない。
 グラウンドは、昨日からの☂(雨)でぐじゃぐじゃ。
 1人でも、怪我をしたら負けだ。
 
 さて、試合はいきなり2点先制される。
 1回裏は1死2、3塁から渋井の犠牲フライで1点返す。
 2回裏は関、及川の連打の後、
 監督黒田がレフト前に鮮やかなタイムリーヒット。
 先発でいきなり結果をだした。(すごい!)
 西村にもタイムリーが出て3対3の同点に追いついた。
 3回裏は、無死1、2塁から関にタイムリーヒットがでて逆転。
 なおも無死1、2塁のチャンス。及川のセンターフライに
 郷家が帰塁できずダブルプレー。残念。
 4回表は、2死満塁から右中間に4点ランニングホームランをうたれ
 3点を追う展開となった。
 そして迎えた宮歯最終回の攻撃。
 さあ、ドラマの始まりだ。
 関は四球で出塁。(本日3回とも出塁)
 及川はサード前の小飛球。
 ここで、なんとサードが落球。
 フライの為に1塁に戻りかけた関がそこから走り出す。
 サードが2塁に投げれば楽々アウトだった。
 しかし、サードが1塁へ悪送球。助かった!
 無死2、3塁のチャンス。
 2者がたおれ2死2、3塁のまま。
 ここから連続四球でまず1点を返す。
 2死満塁からサードエラー。2者がかえり同点に追いついた。
 ここで、4番渋井がレフト前にクリーンヒット。
 見事なサヨナラ勝ち!
 開幕3連勝となった。

 994288_144911995699023_2119547278_n[1].jpg
 
 

posted by 及キャン at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果

2013年06月03日

医療リーグ開幕〜2連勝!

いよいよ、医療リーグが開幕しました。
いきなりのダブルヘッダーです。
初戦は、あの大崎市民病院に勝ち3連勝中の日赤が相手。
強敵相手に粘りの野球で逆転勝ち。
2試合目も勝利し、なんと2連勝!

日時;平成25年6月2日(日)10時10分
場所;長命ヶ丘公園野球場

<第1試合>

    1 2 3 4 5 6  計

日赤  0 0 0 1 3 2  6

宮歯  0 0 2 1 2 2  7×

    及川ー宮内

宮歯は3回、1死満塁から西村の内野安打で先制。
相手の失策で2点目を奪う。
なおも満塁のチャンスに郷家がセンターライナー。
あたりは良かっただけに残念!
4回表、日赤は2四死球で無死1、2塁からレフト前にタイムリーヒット。
1点を返される。
4回裏は相手エラーで加点。
5回表、四球で出たランナーが3塁迄盗塁。
その後、タイムリー+エラー+タイムリーで3点。
4対3と逆転された。
5回裏、3四球2エラーで2点奪い再度逆転。
5対4。
さあ、最終回。
おさえれば勝ちなんでしょうが、そんなに甘くない。
1死2、3塁からレフトに犠牲フライを打たれ同点。
ワイルドピッチで逆転された。
6対5となった。
さあ、最後の攻撃だ。
エラーと四球で無死1、2塁。
ここで、監督は大胆にも西村・氏家にダブルスチールのサイン。
見事成功!
その後、無死満塁となる。
この大チャンスに、当たっている郷家。

970842_140605339463022_1143214135_n.jpg

ショートゴロで本塁アウト。
代打の切り札、関登場。

10165_140605456129677_498596753_n.jpg

去年の三師会のサヨナラヒットの再現か?
セカンドゴロで本塁アウト。
2死満塁となった。
ここで打者は及川。2球目をセンター前にクリーンヒット。
1点とり、負けは無くなった。
次の宮内は、フルカウントから四球を選びサヨナラ勝ち。
初戦から、どきどきの劇的勝利だった。

<第2試合>

        1 2 3 4 5 6  計

宮    歯  0 1 1 2 1 0  5

塩釜市立病院  0 0 1 1 0 0  2

      西村、及川ー宮内

先制は宮歯2回表。
氏家、渋井が連続2塁打で無死2、3塁。
1死後、昌一がセンター前にはじき返し1点。
3回表は、2四球と1エラーで1点。
3回裏、四球の走者が盗塁→エラー→内野ゴロの間に1点。
4回表、昌一が2本目のヒットで出塁。
2死後快輔の安打で1、3塁。
ここで快輔に盗塁のサイン。
ところが打者の加藤は、その球に手を出しファールにしてしまった。
ここで、監督が「タイム!」
初戦から監督を怒らせてしまった。
加藤は2球目を左中間にきれいにはじき返し2塁打。
1塁走者快輔もホームインし2点を加えた。
結果オーライで良かった!
宮歯は、5回にも昌一がこの日3本目となるヒット(2塁打)で
更に1点を追加した。
先発の西村は、1試合目でスパイクされ負傷した状態。
それが功を奏し、かわす投球で4回迄相手を2安打2点に抑えた。
5回からは及川が後続をおさえ勝利した。
2試合ともほとんどエラーらしいエラーもなく守備がしまっていたのが
勝因でしょう。





posted by 及キャン at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年・試合結果