2017年09月19日

第27回宮歯野球部ゴルフコンペ

日時:平成29年9月17日(日) 9時50分スタート
場所:泉国際ゴルフ倶楽部

SnapCrab_NoName_2017-9-19_13-32-28_No-00.jpg

台風が北上し、悪天候が予想される中、第27回宮歯野球部ゴルフコンペが泉国際ゴルフ倶楽部にて開催されました。今回は参加者が2組8名といつもより少ない人数ではありましたが、いつもと変わらず終始和やかな雰囲気のなかプレーが行われました。
 前半は時折吹く風に悩まされる場面もありましたが、雨に降られることはなく、気持ちよくプレーができ、スコアも大接戦。今回もダブルペリア方式で行われたため、皆さん虎視眈々と優勝を狙っていたようですが、後半がスタートすると同時に雨が降り始め、そこからは予報どおり断続的に降り続き、残り3ホールくらいからは雨脚も強くなり、スコアメイクに苦しむ先生もおられました。
 そんな中、見事優勝カップを手にしたのは、佐々木隆二先生でした。今回で通算3度目の優勝、おめでとうございました!

SnapCrab_NoName_2017-9-20_17-40-15_No-00.jpg

台風の影響が心配されましたが、無事最後まで楽しくプレーすることが出来ました。悪天候の中にもかかわらず参加された先生方、大変お疲れ様でした。次回は来春開催を予定していますので、多くの先生方のご参加をお待ちしております!

優 勝 佐々木隆二
準優勝 村上正博
3  位 早坂慶晴

BG 村上正博 94(49-45)
NP 柘植信夫、及川徳洋、佐々木隆二、三浦啓伸
DC 及川徳洋×2


posted by 及キャン at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果

2017年09月04日

第66回東北地区歯科医師親善野球大会

「宮城 対 岩手」

   1 2 3 4 5 計
宮城 1 0 0 0   1

岩手 3 0 2 14  19

    及川、小川ー宮内


1回表、西村が四球で出塁後、盗塁。
晃の内野ゴロの間に3塁へ進み、
小川がライト前にタイムリーヒットで先制。
その後、小川が盗塁死。郷家も凡退して1点のみ。
2回表、2死から木村が振り逃げで出塁。
牽制悪送球で2塁迄進むが得点奪えず0点。
3回表、2死から晃がヒットで出塁。
小川は痛烈なショートライナー。無得点。
4回表、1死後渋井四球、及川ヒットで1、2塁。
ここで、照井のうまい牽制に2塁ランナータッチアウト。無得点。
宮歯は、照井の前に3安打2四球1得点だった。
一方の岩手の攻撃は、
1回裏、エラー、四球で無死2、3塁から遠藤が2塁打で2点。
照井の内野ゴロの間に1点追加、3点を取る。
3回裏は、ランナー1人おいて照井がレフトにホームラン。2点。
4回裏は、内野安打、四球、3連打、2連続四球、エラー、四球、3連打、
2連続四球、2死後、更に3連続四球で時間切れ。14点。
この回、センター小川が好送球でランナーをアウトにする場面があった。
10安打14四死球3エラーでの大敗だった。

  「宮城 対 秋田」

   1 2 3 4 5  計
秋田 0 0 1 1 4  6

宮城 0 5 3 2 ×  10

     小牧ー昌一

2回裏、1死後、昌一ヒット、渋井2塁打等で満塁。
及川がセンター前ヒットで先制。三浦がエラーで出塁後、
小牧の犠牲フライで1点。及川と三浦の重盗後、西村が3塁打。
合計5点をとった。
3回裏は、小川と三浦が2塁打。更に2四球とエラーで3点を追加。
4回裏は、西村が2塁打。進塁後、相手エラーで1点。渋井もレフトにタイムラーヒットで
2点を加えた。
秋田は、小牧の変化球に上手くタイミングが合わない。
3回表は、四球のランナーをワイルドピッチでかえし1点。
4回表は、投手前の小飛球を飛び込んだがとれず、その走者を犠牲フライで返され1点。
5回表は、最終回。簡単に2死をとるが、四球、ヒット、エラーの後、
2番打者にライトへの本塁打を打たれ計4点。
その後、四球、安打で1、2塁とされるが、最後の打者をピッチャーゴロにうちとり
試合終了。
小牧は、5安打4四球で完投勝利!

<宮城県の表彰者>
美技賞 小川匡仁
打撃賞 西村英紀
優秀選手賞 小牧健一朗

IMG_1656.JPG


今年の決勝は、岩手と青森。
岩手が優勝しました。
  



posted by 及キャン at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果

2017年08月29日

第45回仙台市三師会親善野球大会

日時;平成29年8月27日(日) 10時15分
場所;ベルサンピアみやぎ泉A

降り続けていた雨もようやくあがり、快晴の下、
三師会野球大会が医師会主管のもと開催された。
歯科医師会は、2ヶ月ぶりの試合。
来週の東北大会をみすえて臨んだが、残念ながら2連敗。
優勝は、若い力がはじけた薬剤師会だった。

<第1試合> 歯科医師会 対 医師会

      1 2 3 4 5 計
医師会   2 0 7 0 5 14

歯科医師会 0 1 3 2 0  6

       及川、小牧ー宮内

歯科医師会は、2回裏、郷家の2塁打と四球で無死2、3塁のチャンス。
ここで、及川が右中間に打つも、あらかじめいいところに守っていた洞口Jrが好捕。
2塁ランナーも帰塁できず、まさかの併殺打。チャンスがとぎれたかと思われたが、
清水がレフト前にタイムリー。1点を返した。
3回裏、2死満塁から、郷家、渋井の連続タイムリーで3点返す。
4回裏は、四球で出塁した清水が盗塁後、三浦がレフトオーバーのタイムリー2塁打で1点を返した。
医師会は、7安打7四球さらに歯科医師会の6エラーで14点を奪って、大勝した。



<第2試合> 薬剤師会  対 医師会
薬剤師会が勝利した。

<第3試合> 歯科医師会 対 薬剤師会


       1 2 3 4 計
歯科医師会  1 2 0 0 3

薬剤師会   2 3 7 × 12

       駒井ー千葉昌一 

1回表、1死3塁で昌一がライト前タイムリーで先制。
その後、1死満塁とチャンスが続いたが後続たおれ1点どまり。
2回表、1死1塁から駒井がライト線に2塁打で2、3塁のチャンス。
ワイルドピッチで1点返し、木村のレフト前ヒットで逆転。
その後は、相手投手に抑えられ、ランナーを出せなかった。
薬剤師会は、若いチーム。
投手のスピードも早く、振りも鋭い。
9安打7四球、さらに歯科医師会の数えきれないエラーが投手の足をひっぱり12点。
守りのミスが勝敗を分けた試合だった。

IMG_1640.JPG









posted by 及キャン at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果

2017年07月03日

医療リーグ〜予選

    1 2 3 4  計
みやぎ県南中核  1 0 0 0  1

宮 歯      6 1 3 2× 12

        及川ー宮内

1回表、2死後3塁打とワイルドピッチで1点先制された。
1回裏、1死後、木村、郷家、氏家、三浦、加藤と5本のヒットと
3四球、1エラーで6点を奪い逆転!見事な攻撃だった。
2回から4回迄の宮歯は、ヒットはでなかったものの、
相手投手の制球難から10個の四死球とエラーで得点を重ね合計12点。
コールド勝ちとなった。
及川は、3安打1四球5三振で69球の完投勝ち。

<第3試合>

            1 2 3 4 5 6 7  計
仙台東脳神経外科病院  0 0 0 0 0 3 3  6

宮 歯         0 2 0 0 1 0 0  3

        及川ー宮内

気温が30度を超える中、約2時間あけて2試合目。
1回裏、清水四球、木村がバントで内野安打、渋井四球で無死満塁。
ここから、郷家、氏家、及川が凡退。なんと0点。
2回裏、三浦がライトに2塁打。2死後、清水がレフトオーバーのタイムリー2塁打、
木村もレフトにタイムリーヒット。きれいに2点先制した。
3回裏、2死1、2塁とするが得点奪えず。
5回裏、四球と郷家のヒットで無死1、3塁。
ここで氏家がセンター右へ痛烈なあたり。センターが好捕。
3塁ランナーは犠牲フライとなり生還。ファーストランナーは、
センターの強肩の前に帰塁できずダブルプレー。
1点だけに終わった。
6回から相手投手が代わり、四球でチャンスも作ったが
2回で6三振。超高速球に力尽きた。
守備では、内田がセカンドライナーを好捕する場面もあった。
及川は、5回迄、5安打1四球と毎回の走者をだすが0点に抑えた。
6、7回は効果的にヒットをうたれ逆転負け。
接戦をものにできなかった。


posted by 及キャン at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果

2017年06月19日

山形、岩手、宮城による交流戦

日時;平成29年6月18日(日)9時
場所;ベルサンピアみやぎ泉B

<第1試合> 宮城 対 岩手
    1 2 3 4 5 計
岩手  0 0 1 6 0 7

宮城  0 0 0 2 4 6

       及川ー木村

対岩手.jpg

1回表、1番遠藤がいきなり2塁打で出塁。
その後、3つのフライでピンチを切り抜けた。
2回表、1死2、3塁から四球をあたえ満塁のピンチ。
ここは、ショートフライとピチャーゴロで0点。
3回表、1番遠藤にまた2塁打を打たれ、1死後、
サードゴロで送球の間に2塁から一気にホームインされ1点先制された。
宮城は、岩手先発の照井の前に3回を抑えられた。
4回表、5安打1四球1エラーで6点を奪われた。
4回裏、投手が代わる。制球定まらず、4連続四球で1点。その後、内野ゴロの間に
1点を追加し7対2とした。
5回裏、やはり6四球とタイムリーヒットで4点を返す。しかし、あと1本が出ず1点差で敗退。
宮城は、散発2安打に抑えられた。
この試合、清水は出塁率10割であった。



<第2試合> 山形 対 岩手

    1 2 3 4 5 6 計
山形  0 0 0 1 0 5 6

岩手  0 1 0 3 0 0 4

岩手対山形.jpg

<第3試合> 山形 対 宮城

    1 2 3 4 5 計
山形  0 1 0 0 4 5

宮城  1 0 1 0 4 6

       及川ー木村

IMG_1348.JPG

1回裏、清水がエラーで出塁。
木村が投前バント。内野安打とエラーで無死2、3塁のチャンス。
その後、2死満塁で三浦が死球。1点先制。
2回表、2連打で無死1、2塁。その後1死2、3塁でサードゴロエラーで同点とされる。
なおも2、3塁のピンチは後続を打ち取り1点のみで切り抜けた。
3回裏、木村がヒットで出塁。盗塁と相手エラーで本塁生還。
足で稼いだ得点だった。
その後、郷家、三浦のヒットと四球で2死満塁迄攻めたが相手の新田に抑えられた。
5回表、1死2、3塁で橋に2点タイムリー。
さらに松岡に本塁打を打たれ合計4点。
5回裏、杉山、三浦連打後、土岐がライトへ技ありの2塁打。
長谷もヒット。1死後、黒田もヒット。2死後、木村、渋井もヒット。
この回、7安打で4点取り逆転勝ち。
今期初勝利となった。
この試合、木村は4打数4安打の大当たりだった。

posted by 及キャン at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果

2017年06月12日

商工会との親善試合

日時;平成29年6月11日(日) 11時
場所;試合〜ベルサンピアみやぎ泉B
   懇親会〜亜門(17時)

    1 2 3 4 5 6 7 計
宮 歯 2 0 1 0 0 2 0 5

商工会 1 0 2 3 0 0 ×  6

      及川、鈴木ー宮内


1回表、1死2塁から及川、郷家の連続2塁打で2点を先制。
3回表、土岐、及川の連打で無死2、3塁とし郷家の犠牲フライで3点目をとった。
6回表、2死後、連続四球で1、2塁。ここで浅沼、宮内に連続タイムリーがでて2点を追加した。
商工会は、1回裏2死3塁で氏家が2塁打を放ちまず1点。
3回裏は、武田のヒットと宮歯のエラーで2死2、3塁とし、5番猿方に2塁打を打たれ2点を返され同点。
4回裏は、1死3塁で武田がレフトに2ラン本塁打!その後、笹木、氏家の連打とエラーで合計3点をとられた。
6回裏は、助っ人の鈴木が3人を完璧に抑え、いよいよ最終回。
この回からサードに松本社長が入った。
代わったところに打球は行くもので、1人目サードゴロアウト。2人目サードゴロアウト。
簡単に2死。さて、3人目サードゴロ。これで終わりかと思いきや、送球エラーで2死1塁。
その後、連続四球で満塁。
一打同点、いや逆転のチャンス。
バッターは、2打席目にレフト前にヒットを打っている関。
期待は高まる。しかし、ファーストフライにたおれゲームセット。
1点差で、商工会が勝利し、対戦成績を宮歯の3勝2敗とした。

懇親会は、亜門に場所を移し、細谷会長の出席のもと行われた。
宮歯、商工会とも来年の勝利を誓い中締めとなった。



posted by 及キャン at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年・試合結果